キッズプログラミング・IT講座



まなるご(manalgo)

新しい学習指導要領では、2020年度から、小学校でプログラミング教育が必須化される事がきまっています。「まなるご」ではプログラミング教育で必要とされるビジュアルプログラミング(scratch)を楽しく学習する事ができます。また、インターネット、タイピングも講座の中に含まれており、中学・高校で学習する情報教育に向けた基礎作りをするのに最適です。「まなるご」はジュニアプログラミング検定に準拠しています。


学習システム・学習方法

2画面使用するオンデマンド方式で、片方で授業内容を確認しつつ、もう片方の画面で実際にスクラッチのプログラミングを実習します。

デイスプレイは高解像度(横1920ドット縦1080ドット)のものを使用し、学習スペースも幅120cm以上の広さを確保しており、快適に学習できます。


プログラミング講座

スクラッチというプログラミング言語を使用します。レッスンは各自のペースで課題にトライし、試行錯誤とトライアンドエラーを繰り返しながらプログラミング的思考・問題解決力を身につけていきます。スクラッチはMIT(マサチューセッツ工科大学)メディアラボが開発した、子ども向けのプログラミング言語で、世界中で広く利用されています。ブロックを組み合わせてプログラミングを作成する『ビジュアルプログラミング方式』ですので、パソコン初心者でも簡単にプログラミングを始めることができます。ご自宅のパソコンにスクラッチをインストールすれば、教室で作成したプログラムを自宅のパソコンで動かす事ができます。

プログラミング講座とジュニアプログラミング検定

まなるごの講座はジュニアプログラミング検定に準拠した内容となっており、エントリー、ブロンズ、シルバー、ゴールドの順に進んでいきます。最初はスクリプトやブロックの使い方の学習から始まり、徐々に複雑なプログラミングができるようカリキュラムが組まれています。プログラミング講座とジュニアプログラミング検定の対応は次のようになっています。

エントリー級

ジュニア・プログラミング検定(エントリー級)

認定基準

 入門レベルの特定の条件や筋道を用いた論理的思考ができる。また、条件分岐や繰り返しなどのスクリプトを使って、一つまたは二つのスプライトを連動させたScratchプロジェクトを作成することができる。

エントリー級の学習内容

 

①「動き」ブロックを使ってスプライトを動かします。歩数を変えたり、向きを変えてみます。

②「見た目」ブロックを使ってスプライトの大きさや衣装を変えます。またスプライトがセリフをいうようにブロックを追加してみます。

③「イベント」ブロックを使って複数のスプライトを連動して動かします。

④「制御」のブロックを使って繰り返し動作や条件によって動作を変えてみます

ブロンズ級

ジュニア・プログラミング検定(ブロンズ級)

認定基準

単純な条件や筋道を用いた論理的思考ができる。また、条件分岐や繰り返しなどのスクリプトを使って、少数のスプライトを連動させたScratchプロジェクトを作成することができる。

ブロンズ級の学習内容

①「演算」のブロックを使って乱数を発生させたり、「または」「かつ」といった論理演算を使います。

 

②「ペン」ブロックを使ってスプライトに線を書かせます。

③「音」ブロックを使って音を追加します。

④「変数」ブロックを使って変数の勉強をします。

⑤背景やスプライトを編集してオリジナルの背景・スプライトを作ります。

シルバー級

ジュニア・プログラミング検定(シルバー級)

認定基準

基本的な条件や筋道を用いた論理的思考ができる。また、複数の条件分岐や入れ子構造のスクリプトなどを使って、少数のスプライトを連動させたScratchプロジェクトを作成することができる。

シルバー級の学習内容

①フラグを使って複雑なプログラミングに挑戦します。

②文字列の長さや中身を調べる方法を学習します。

③時間を計ってスプライトの動作を変えてみます。

④スプライトの大きさや座標を調べて動作を変えるようなプログラミングに挑戦します。

⑤四捨五入した値を使ったプログラミングに挑戦します。

 

ゴールド級

ジュニア・プログラミング検定(ゴールド級)

認定基準

複数の条件や筋道を組み合わせた論理的思考ができる。また、複数の条件分岐や演算、入れ子構造のスクリプトなどを使って、様々なスプライトを連動させたScratchプロジェクトを作成することができる。

ゴールド級の学習内容

①スプライトの分身(クローン)を作ってみます。

②リスト構造のデータを使った複雑なプログラミングに挑戦します。

③定義ブロックを使って複数のブロックからなるスクリプトを1つのブロックに纏める方法を学習します。

 


IT基礎講座

本講座ではタイピング練習やマウス練習の教材も含まれており、ゲーム感覚で練習する事ができます。またインターネット講座では、安全にインターネットを使用するための知識を学習する事ができます。


ジュニアプログラミング検定

ジュニアプログラミング検定とは、サーティファイが行っているスクラッチの認定試験です。「まなるご」のプログラミング講座はジュニアプログラミング検定に準拠しており、入門編である「エントリー」から「ブロンズ」「シルバー」「ゴールド」と徐々に難易度が上がっていきます。それぞれの段階に応じてテキストがあり、教室で学んだ事を自宅で復習する事ができます。当校はジュニアプログラミング検定の試験会場でもあり、検定試験を受験する事ができます。

ジュニアプログラミング検定に合格していると入試において優遇措置を実施している学校があります。詳しくはサーティファイのサイトをご覧ください。


講座料金

キッズプログラミング・IT講座(manalgo)
 入会金 0円 
コース
2回/月 5,390円(税込み)
3回/月 7,590円(税込み)
その他
テキスト代 0円
USBメモリ 0円
ジュニア・プログラミング検定料金 0円※(講座終了時)

※(2021年4月1日から)毎月管理手数料990円がかかります。ただし、銀行引落の方は無料です。

この講座は、手軽に体験していただくため、コース料金以外は無料としました。また、「エントリー」「ブロンズ」「シルバー」「ゴールド」の講座終了時にサーティファイのジュニアプログラミング検定を無料で受験できます。


無料体験のご案内

まなるご講座の無料体験を随時実施しております。当校よりご連絡をさしあげます。無料体験では、ご希望に応じたコースをご案内後、実際に教材を用いて体験学習していただきます。60分~90分程度のお時間を要します。

現在、コロナウィルスの感染を考慮し、無料体験は1度に1組限定とし、集団にならないよう配慮しております。


友だち追加

興味が湧いた方は友達登録しておくと、後でLINEを使ってプロフィール確認したり質問や無料体験のお申込みをチャットでできます!!